ペット災害危機管理士として

近年、台風や集中豪雨などの頻度が増し、巨大地震が起こる確率も高まっており、自然災害の脅威が増しています。

2019年の秋の台風では、多摩川の増水により、川崎市内、大田区、世田谷区でも川に近い所では浸水等の被害がありました。

全国各地で災害が起こる度に必ずと言っていいほど、保護犬保護猫が増え、また、残念ながら命を落としてしまうペットもいますが、

毎回そのたびに、何も出来ないことがもどかしくもありました。

しかし、事前にしっかり備えられれば、保護犬猫を増やさず、悲しいことを起こさずに済むのではないかと考え

防災減災の意識を高く持ちたいと思い、ペット災害危機管理士1級の資格を取得しました。

 

自治体がどんな防災をしているのか、必要な備えはどんなものなのか、実際災害が起きた時にはどう行動するべきなのか。。。

このようなことを飼い主様にお伝えし、備えの参考にして頂ければと思います。

残念ながら災害が起きてしまった際には、シッターの身の安全が確保でき次第、鍵をお預かりしているお宅に伺って対応致します。

また、その時にはシッティング予定ではない方でも、登録されている方でたまたま家にいなくすぐには帰れない場合など、

ペットが心配な場合にも、ご連絡頂ければ対応致します。

もちろん、シッティング回数や時間には関係なく無料です。

避難所避難や在宅避難の方のペットへのフォローもできる限り致します。

 

ペットの命を守れるのは飼い主様です。

事前にしっかり備え、悲しいことにならないように、お手伝いさせて頂ければと思います。